支那そば

岡山駅近くのラーメン屋。カウンター7席程度の小さなお店。大将(マスターと呼ばれている)がソバの他にも、おひたし、豚足などおつまみも作り、居酒屋的にも利用される。シメ鯖をつつきながらビールを飲んでるとあとから来たおじさんに話しかけられる。既にけっこう酔っ払っている様子でもあり、岡山ことばが強いので、6割程度しか聞き取れないのだけど原発政策に憤りを話されていた。「原発ちゅうてあないなもんどないもならんが…」「安倍やこう、何かんがえとんじゃが…」もうすこし話したかったけど、電車の時間が迫っていたので、おソバを食べて帰った。

広告を非表示にする